花たねの育て方

花たねの育て方

花たねを育てよう

このサイトでは、花たねの育て方を中心にお話していきたいと思っています。みなさんの中には、きっとガーデニングや家庭菜園が趣味の人ってたくさんいると思います。特に主婦層の女性には多いのではないでしょうか。花というのはとても綺麗ですし、何より花たねから育てて綺麗な花が咲いた時は非常に嬉しいものですよね。それこそ我が子を育てているかのような気持ちで愛着を持って育てることでしょう。

ガーデニングの醍醐味としては、やはり何と言ってもいろんな花を育てることができるということ。さまざまな種類の花たねを購入して、庭いっぱいに花が咲いたらそれはそれは綺麗です。一色にまとめるのも良いですが、いろんな色、いろんな形、いろんな大きさの花を育てて自分だけの素敵な空間を作ることができるのも醍醐味と言えますよね。

しかしいろんな花を育てるためには、いろんな花たねの知識がなければいけませんし、それぞれ種類によって育て方などが異なる場合もあります。そこで今回は、いろんな花たねの育て方についてお話していこうと思ったわけです。

花たねにはどんな種類がある?


花たねと一言に言っても、本当にさまざまな種類があります。それはもう数えきれないほど。世界中にある花たねを合わせたら一体どれだけの数になるのか想像もつきません。それに世界にはまだまだ秘境の地もたくさんありますし、発見されていない花の品種もあるかもしれませんよね。こういうことを考えると、ちょっとだけワクワクしてきます。では、どういった花たねの種類があるのかいくつか紹介していきたいと思います。

アサガオの花たね


例えば、アサガオの花たねがあります。アサガオと言えば、日本人にとっては非常に馴染みの深い花ですよね。小学生になれば夏休みの宿題として、アサガオを育てた経験がある人も多いのではないでしょうか。ですからきっとアサガオの花たねと聞けば、大体の人が想像できるはず。黒くて小さい種から、あんなに色鮮やかな花が咲くなんてすごいですよね。

小学校の夏休みの宿題以外にも、浴衣の柄などに使われることの多いアサガオ。『夏』を思わせる花として日本人にとっては、とても愛着のある花ですね。

ひまわりの花たね


『夏』を感じさせる花といえば、アサガオの他にもひまわりがありますね。ひまわりと言えば、英語でサンフラワーと言います。まさに『太陽の花』という感じですよね。実は私自身、花の中ではひまわりが一番好きだったりします。ひまわり畑を想像すると、なんだか夏の終わりを連想して切なくなるのですが、あの胸の奥のほうが少しキュッとなる感覚、嫌いじゃありません。

コスモスの花たね


夏が終われば秋がやってくるわけですが、秋といえばどんな花を想像しますか?私はやっぱりコスモスですね。幼稚園の頃、みんなでコスモスを身に公演に遊びに行ったのを覚えています。そして私、誕生日が10月なので秋の花であるコスモスにも少し思い入れがあります。淡いパステルカラーの花が一面に広がっていると、すごく感動しますよ。

自分好みの花たねを育てよう


アサガオやひまわり、コスモスなど、まずはどういった花たねがあるのか簡単に紹介してみました。実際には、この他にもさまざまな種類の花たねが存在します。例えば、けいとうやききょう、マリーゴールド、百日草、ダリア、サルビア……。それこそ数えきれないほどですね。

花はそれぞれ個性豊かで異なる魅力を持っています。自分の好きな花、好きな色、好きな花言葉。そういったところから花たねを選ぶのも良いかもしれません。ぜひいろんな花たねにチャレンジしてみてくださいね。

花を育ててガーデニングするのに役立つ知識はこちらでゲット!

Copyright(c) 花たねから育てよう~いろんな花の育て方紹介~. All Rights Reserved.